外来 看護師 仕事内容

外来で働く看護師の仕事内容

外来で働く看護師の仕事内容は、通院に訪れる患者さんを担当することです。
病院やクリニックで始めに接する看護師のことです。
仕事は主に、外来の患者さんの受付や問診、案内、検温や採血、医師のサポート、血液検査、尿検査などになります。
外来で働く看護師の仕事内容はどこで働くかによって違うと思います。
混んでいるところであれば、スムーズにまわせるように頭で考えながら動かないといけないでしょう。
患者さんは体調が悪く診察に訪れているので、不安を取り除いてできるだけ早く医師に診てもらえるようにしないといけません。
コミュニケーション能力も試されます。
医師のサポート的役割がとても大きいと思います。
わかりやすく言うと、医師と患者さんの間に立ってスムーズにさせる大切な仕事です。
患者さんが一番先に出会う人でもあるので、病院の顔と言っても過言ではありません。
イメージを決めるのは医師だけでなく看護師でもあるのです。
スムーズに立ち回り、臨機応変に行動することを求められます。
外来で働く看護師は夜勤が基本ありませんので、転職の際にも人気が高い仕事だと思います。


トップページ 利用するメリット 種類と資格 勤務先・職場 サイトマップ