看護師 勤務先 職場

看護師の勤務先・職場

看護師の勤務先と言えば、まず思いつくのは病院ですね。
実際に看護師が勤務する勤務先で一番多いのは、やはり病院です。
ただ病院とひとくくりにするのは簡単ですが、病院でもいくつもの診療科や勤務形態があり、みんなが同じという訳ではありません。
また看護師の勤務先は、なにも病院に限ったものではありません。
そんな看護師の勤務先や職場を紹介してみたいと思います。

勤務先・職場の種類

病院・外来
外来は、病院にかかる時に最初に診察をしてもらう所で、病院を利用する側からすると一番なじみのある場所ではないでしょうか。
受付を済ますと案内され、診察室で医者に診察してもらう。
病院に訪れた患者、ほぼ全員が関わる場所ですから、迎える側の仕事量はかなりの量です。
来院する患者が午前中に偏る診療科が多く、ピークの午前中はかなり忙しくハードなようです。
その忙しい限られた時間の中で、正確に仕事をこなしていかなくてはなりませんので、体力だけでなく精神的にもハードな環境のようです。

 

病院・病棟
外来が利用する側にとって一番なじみがあり、そこにいる看護師とも接する機会が一番多いと思いますが、看護師と言って一番に想像するのは外来の看護師ではないでしょう。
一般の方が看護師と言ってまず想像するのは、外来に勤務する看護師ではなく、病棟に勤務する看護師ではないでしょうか。
病棟とは、入院した患者がいる場所で、その入院患者の看護が病棟に勤務する看護師の仕事です。
朝の検温や血圧測定から始まり、患者によっては検査や点滴、その他処置等から手術をする患者の送り出しからお迎え、他の勤務時間の看護師への引継ぎまで、1日のスケジュールは大体決まっています。
入院している患者は重篤な患者も多く、入院診療は病院の医療機関としての真価が問われる重要な部署と言えるかもしれません。
この部署に勤務する看護師は、患者と接する時間も長く、他の部署以上に患者とのコミュニケーションが大切になる部署ではないでしょうか。

 

手術室
手術室は、外来や病棟と同様に病院にとってとても重要な部署で、病院経営にも重要な役割を果たしている部署です。
手術室の看護師の仕事は、手術の準備や手術を行う医師のサポートです。
手術の際、医師の指示に従っていかに迅速にサポートできるかという難しい役割を担う仕事ですから、冷静で的確な判断力が求められるでしょう。

 

ICU
ICUは、緊急で運ばれてきた重症患者や危険な状態が続いていて監視体制が必要な患者を見守る仕事です。
いつ、どのように病状が変化するかわからないので集中力が必要な役割です。

 

クリニック
比較的小さな規模で、大掛かりな医療機器等も持たず、地域に根付いて診療を中心に行っている医療機関です。

 

訪問看護
訪問看護は、患者の自宅等に訪問し検温、血圧測定からリハビリ、入浴等まで、本来医療機関で行う看護を訪問して行うことです。
一人で訪問して看護を行うことも多く、経験を積んだ看護師が求められています。

 

介護施設
介護施設は、老人福祉施設や介護保険施設などがあります。
本来、介護施設にはケアマネージャーやホームヘルパー等が勤務していますが、介護施設が増えるに伴い、介護施設に看護師が就業することが増えているそうです。
介護施設には医師がほとんどいないので、看護師が行える範囲で医師の代わりに施設利用者の健康管理等を行っているそうです。

 

企業
医療機関だけでなく、医務室が設置されている企業も存在しますので、その企業で安全衛生管理等を行っている看護師がいます。
その場合、その会社の社員として入社することも珍しくありません。

 

学校
学校に勤務する看護師は、いわゆる保健の先生で、養護教諭と言います。
生徒の健康相談や簡単なけがの治療などを行っています。

 

医療コーディネーター
医療コーディネーターは、看護師経験者が患者側の立場から医師や治療についてを考え、健康相談や治療相談を行います。

 

治験コーディネーター
治験コーディネーターは、医薬品の臨床試験等を行い開発に携わる仕事です。専門性が高く豊富な知識や経験を持つ方が求められているようです。


トップページ 利用するメリット 種類と資格 勤務先・職場 サイトマップ