看護師 離職率

看護師の離職率

看護師は、離職率の高い職種としても知られています。
この高い離職率という背景も、「看護師は激務である」というイメージを支える一端を担っているように思えますね。
看護師の高い離職率のうち、やはり多くは新人看護師の割合が多いそうです。
患者にとっては看護師がベテランであるか新人であるかは関係なく、ひとくくりに「看護師」と見られます。
「客から見ると従業員が新人である事は関係ない・甘えられない」はどのような職業であっても同じことですが、一般の職種であれば、新人のうちに犯すミスは先輩や上司から「まだ新人だから」と大目に見てもらえたり、知らずフォローされたりすることもあるでしょう。
看護師の仕事への責任の重さは一般職と比較すると格別で、重圧に耐え切れずにやめてしまうといったパターンが多くあるようです。
また、看護師の離職率が高いということは、看護師が慢性的に人材不足であるということでもあります。
逆に言えば、常にどの医療機関でも看護師が不足している状況であるがゆえに、看護師の資格を持っていれば比較的転職をしやすいという一面があるのです。
この転職のしやすさも、「職場に不満があればすぐに転職に踏み切れる」といった、看護師の離職の背中を押す効果があるのではないでしょうか? 


トップページ 利用するメリット 種類と資格 勤務先・職場 サイトマップ