看護師 役職

看護師の役職

病院では、適切なチーム医療を進めるため、看護師に対してそれぞれ役職を設けているところが多くあります。
一般企業の場合でも、役職に就けば手当が付きます。看護師業界も同様で職位が上がると給料もアップするなどメリットがあります。
では、看護師にはどのような役職があり、どんな役割をしているのでしょうか。こちらで簡単にご紹介します。

 

看護師の役職には、すべての看護師をまとめる「総看護師長」、各課、病棟をまとめる「看護師長」、看護師長の補佐をする「主任」があります。
病院を企業に例えるのならば、総看護師長は看護師の部長の役割、看護師長とは各病棟や科を統括する課長の役割、主任とは看護師長の補佐をする係長といった感じです。
企業と同じように、主任以上の役職には役職手当が付きます。ではそれぞれの役職をさらに詳しく見てみましょう。

 

総看護師長

総看護師長は、一般的に「総師長」と呼ばれ、かつては「総婦長」と呼ばれていました。看護師のトップの地位となり、経験と持っている資格が最も高いレベルにあります。また、人をまとめ、動かす能力のある看護師が就くことが多くなっています。病院には欠かせない、看護師の総取りで、看護師にとっては院長に次ぐ力のある地位と言えるでしょう。

 

看護師長

一般的に「師長」と呼ばれ、いわゆる中間管理職になります。各病棟ごとに一人いるケースが多くなっています。担当の病棟で働く看護師の職場での業務面での責任を負います。また新人や実習生の受け入れなどの業務現場での監督を行います。
看護師長には看護師としての経験のほか、多くの看護師を監視し、まとめることができる能力、病院の方針を理解して実践する能力、そして危機管理能力などが求められます。

 

主任

看護師として、10年程度のキャリアを持つ看護師が就く役職になります。
看護師長の補佐的な役割のほかに、病院の方針や意向を現場に徹底させること、現場で働く看護師の意見を上司につたえるなど、上司との中間に位置し、橋渡し的な役割を担っています。
主任は看護師たちと共に働いて、模範的な存在となることを求められます。


トップページ 利用するメリット 種類と資格 勤務先・職場 サイトマップ